出産費貸付(融資)制度〜分娩・入院費の支払いが難しいときに

出産育児一時金が出るまでの間、出産費の支払いに充てるための資金を
無利子で前借りできる制度です。

スポンサードリンク

出産育児一時金 出産費貸付制度 基本DATA

■条件:政府管掌健康保険、船員保険の被保険者、または被扶養者で出産育児一時金の支給を受ける見込みのある人で、
(1)出産予定日まで1ヶ月以内の人または
(2)妊娠4ヶ月(85日)以上で産院に一時的な支払いを要する人。
また、国民健康保険や健康保険組合でも、名称や内容は異なるが実施しているところもあるので、確認をしよう

■借りられる金額:最大24万円、無利子

■必要書類:出産費貸付金貸付申込書、出産費貸付借用書、健康保険証、出産育児一時金請求書、母子健康手帳、医療機関などが発行した出産費用の請求書(出産予定日まで1ヶ月以内の人は不要)など

■申請期間:
(1)は出産予定日まで1ヶ月以内、
(2)は妊娠4ヶ月(85日)以上

■受け取り期間:申請してから約1〜2週間後

■申請・問合せ先:政府管掌健康保険・船員保険の人は社会保険協会(支部)へ。
国民健康保険や健康保険組合などでは異なる取り扱いの場合があるので確認をしてください。

出産育児一時金が出るまで、無利子で!24万円まで借りられる!

出産の大きな出費を支援するために、健康保険から出産育児一時金が支給されますが、もらえるのは出産後の手続きをしたあとのため、退院の時の産院への支払いには間に合いません。

なので一時的に大金を用意しなければならないのですが、この費用の準備が難しい人のために生まれたのが、「出産費貸付(融資)制度」です。

どうしてもそのお金が準備できない場合に、出産育児一時金が出るまで無利子で融資を受けられる制度です。

いわば「出産育児一時金」前借りのようなシステムです。

返済は出産育児一時金で精算されますので、精算後に残った金額が融資を受けた人の指定口座に振り込まれるようになっています。出産の大きな出費を支援するために、健康保険から出産育児一時金が支給されますが、もらえるのは出産後の手続きをしたあとのため、退院の時の産院への支払いには間に合いません。

なので一時的に大金を用意しなければならないのですが、この費用の準備が難しい人のために生まれたのが、「出産費貸付(融資)制度」です。

どうしてもそのお金が準備できない場合に、出産育児一時金が出るまで無利子で融資を受けられる制度です。

いわば「出産育児一時金」前借りのようなシステムです。

返済は出産育児一時金で精算されますので、精算後に残った金額が融資を受けた人の指定口座に振り込まれるようになっています。

スポンサードリンク