乳幼児の医療費助成〜赤ちゃんの医療費を自治体が補助

病院にかかりやすい赤ちゃん時期の医療費を自治体が援助してくれる制度です。助成内容・対象年齢や所得制限などは各自治体によってさまざまです。

スポンサードリンク

乳幼児 医療費助成 基本DATA

■条件:健康保険に加入している赤ちゃん
■助成してもらえる金額:助成の内容は自治体によりさまざま
■申請期間:産後なるべく早く。赤ちゃんを健康保険に加入させたらすぐに。
■申請・問合せ先:住んでいる市区町村の役所

助成内容や対象年齢は事前にチェックを

赤ちゃんは熱を出したり病気にかかることが多いので、医療費もとてもかさみます。

そこで自治体が子育て支援の一環として行っているものが、乳幼児の医療費助成制度。
医療費の全額または一部を自治体に負担してもらえます。

これらは自治体が独自に設けている制度になります。
住んでいる場所によって、内容や条件がかなり違いがあり、中には所得制限がある自治体もあります。

助成を受けるシステムも病院の窓口で乳幼児医療証を見せるだけでよいところもあれば、病院ではいったんお金を自分で払い、あとから役所に請求をする、というところもあります。

妊娠中にあらかじめ自分の住んでいる地域の助成制度がどうなっているのかをチェックしておきましょう。

また対象年齢やシステムは改正されることが多いので、まめに情報をチェックするようにすると良いでしょう。

手続きから医療証交付まで

■ 出産前

まずは役所に確認を!

自分の住んでいる市区町村の制度内容や、手続きに必要なものを事前にチェックしておきましょう。
出生届けを出したあとで、続けて手続きができれば二度手間にならなくて一番スムーズです。

誕生後すぐに病院にかかるようなことが無いとは限りません。すぐに手続きができれば安心です。

■ 産後すぐ

健康保険に赤ちゃんを加入させよう

医療費助成を受けるためには、健康保険に加入していなければなりません。
出生届けを出したらすぐに加入の手続きをしましょう。
会社員・公務員の人は勤め先の総務や健保組合に、国民健康保険の人は役所の担当窓口に申請をします。

手続き終了後、乳幼児医療証が交付されます

健康保険への加入後、役所で助成を受ける手続きをします。
資格を満たせば乳幼児医療証が交付されます。

自治体によっては、あとで医療費を申請し、指定口座に振り込まれるところもあるようです。
また、乳幼児医療証が交付されずに、健康保険証の記載のみのところもあります。

例として、東京都ではマル乳と呼ばれる乳幼児医療証が交付され、病院の窓口で医療証を提示すると自己負担はありません。

■ 注意すること

 「生後すぐに病気なんてしない」とは大間違い。
トラブルは予測できません。

赤ちゃん・幼児は、発熱や身体の発疹、吐いた、下痢した・・などなどほんっとに病院通いが多いです。
我が家も、週に3回も病院に行った時もありました。

さかのぼって申請をできるかどうかは自治体によって異なります。赤ちゃんが生まれたらすぐに手続きをしましょう!

スポンサードリンク