子ども手当はいつから支給?所得制限はいくら?

「子ども手当」とは、0歳から中学3年生までの児童がいる家庭を対象とした、民主党の目玉政策として打ち出された法案ですが、このたび2010年4月より、ようやく月13,000円の支給がスタートしています。
2011年4月より対象の児童1人につき、月26,000円の支給を行う予定となっています。

※またまた制度が変更になり、子ども手当は2011年9月分をもって廃止となりました・・・。
ほんといい加減にして欲しいですね。^^;

現在(2012年4月〜)児童手当として助成が行われています。

以下参考に。。
子ども手当は、今までの「児童手当」に代わり始まった制度ですが、児童手当のような所得制限は特に定められていません。

スポンサードリンク

子ども手当 基本DATA

■条件:15歳の4月1日の前日までの子どもの保護者であること
■もらえる金額:毎月2万6千円支給予定。ただし、初年度(2010年度)のみ月1万3千円

■必要書類:印鑑(朱肉を使うもの)、申請者の預金通帳、申請者の健康保険証、など自治体により異なる。

※現在「児童手当」をもらっている家庭は自動で「子ども手当」へ移行するため、手続きの必要はありません。児童手当をもらっていない家庭や、中学生のいるご家庭は申請が必要です。ご自宅に書類が届いているはずです。ご確認下さい!

■申請期間:赤ちゃんが生まれたらなるべく早く
■受け取り時期:2・6・10月の年3回(4ヶ月分がまとめて支払われる)★2010年度の受け取り詳細は上記記事を参照
■申請・問合せ先:住んでいる市区町村役所の児童課などの担当窓口

★子どもが公立高生の場合、授業料は無償化となります。このため、今年度の公立高校の入試倍率はいつも以上に高かったようですね。
私立高生の場合は授業料のうち、1年間で約12万円が免除になります(所得が350万円未満の場合は助成額が異なる)。

子ども手当 外国人の場合は?

子ども手当は、在日外国人であり、条件をクリアしていれば、母国に残してきた子どもにも支給されるようです。

永住権は持っていなくとも良く、日本に1年以上在住していることが条件。その他の条件は、
★定期的に仕送りをしていること(概ね4か月に1度程度)
★少なくとも年に2回以上定期的に帰国し、子どもに会っていること
などです。

母国に残してきた子どもにまで、この「子ども手当」を支給する必要性があるのかどうか、賛否両論でネット上でも議論が行われています。

子ども手当 扶養控除が無くなると?試算してみよう

こちらでご自分の家庭への影響をシュミレート出来ます。
http://benesse.jp/kodomoteate/
(ベネッセ子ども手当シュミレーター)

年税額は増えますが、月2万6千円の子ども手当をもらえる家庭は、ほぼ全ての家庭で手取り収入が増えます。
子どものいない、夫婦共に働く世帯では、扶養控除等はじめから無いので、影響はありません。
それ以外の世帯(扶養控除を受けているが、子ども手当がもらえないなど)は増税のため、手取りは減ります。

スポンサードリンク